indexmenuentrycalendartopadmin

2009/05

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

◇じぇっとこーすたー

2009年06月27日[土曜日]Photo(動物)
スポンサーサイト
331.jpg
いぬー。

322.jpg
街角。


Gears of War 2の日本語版がもうすぐ出るっぽいですね。一方、あまりにグロすぎるために日本発売禁止となったDeep Spaceはアジア版しか手に入りません。四肢切断はさすがにアウトですか……。でもギアーズとかもぶった切ってる気がするんですけど。バイオはそういうところ上手く隠してますよね(チェーンソーにやられても切断されたりとかしないので)。ただゲームって新鮮なのは最初だけで、しばらくプレイしてると、「やっぱりゲームだな」と思うようになるんですよね。やり込めばやり込むほど現実から遠ざかっていく感じですね。たとえばバイオハザード5のマーセナリーズなんかをやり込むと、だんだんバイオの世界がギャグにすら見えてきます(もともとバイオはそういう雰囲気ありますけどね。コスチュームとか)。そういう意味では普段ゲームをやらない人が、「うわっ」って引いちゃうのも頷けます。でも規制強化だけは勘弁して欲しいです……。人の趣味にケチをつけることほど不毛なことはないと思うんですよね。我々はただ安全が保証されたジェットコースターに乗って楽しんでいるにすぎないのに。

私はキャラクターを生み出すとき、突拍子もないことを言い出す女の子、をわりと好んで描きます。こういう女の子が現実にいたらどうか、と想像してみると、まあたぶん恐いです。でも創作物では肯定されることが多い。それは限度がわかっているからにほかなりません。ゲームだってそうですけど、できることと、できないことがあって、やり込めばやり込むほどそれが明確に見えてくるんですよね。そして最終的に飽きる。そう、どうせ飽きるんです。現実にはなんの影響もないじゃないですか。

……それはさておき、ロマサガ4が出るという噂は本当でしょうか?(某所でカウントダウンが始まってるとかなんとか)。



スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

123
Profile

周防ツカサ

Author:周防ツカサ
作家「周防ツカサ」の個人的なブログです。
主に電撃文庫、MW文庫から本を出しています。
「いすみ写真館の思い出ポートレイト」が2017年9月に発売予定。
既刊「くりかえす桜の下で君と」発売中。

Twitter
Category
Literary Work
Recent Entry
Archive
Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。