indexmenuentrycalendartopadmin

2017/03

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

なつやすみのしゅくだい

新刊のほうの発売日は春の終わりごろになりそうです。二月には受賞作が出ますし、刊行予定が詰まっているみたいですね(それに私のような場末の作家の新刊は後回しと相場が決まっています)。
そういえば12月に創刊するメディアワークス文庫も電撃文庫編集部で編集作業を行っているようで、
編集さんたちの仕事量が倍増している模様です。
一つの編集部で月に20冊近くも本を出すって……尋常じゃありませんよね(笑

新作の一巻目は脱稿目前で、すでに二巻目のプロットにかかっています。
今のうちに書き溜めておけば一巻、二巻と間を開けずに出せるので今のうちにシコシコ作業しますです(新作を出すタイミングはシビアですが、シリーズ物だと続きの本はわりと優先して出してもらえます。……売れてればですが)。そういや新作、新作と言いつつどういうジャンルか書いてませんでしたが、この小説はジャンルからしてなんと説明すればいいのかわかりません。「あるもの」を題材にした青春コメディみたいなものなんですが、前作(らでぃかる☆ぷりんせす!です)よりも若干テンションは抑え目です。前回はごちゃごちゃしてるところがありましたが、今回はかなりすっきり、わかりやすい内容になってます。なんかいつも捉えどころがないストーリーと言われることが多いので、読者のみなさんが道に迷わないように、とその辺も意識しつつ、「にゅーすおう」を目指してみました。一時期、あれこれ考えすぎて胃が痛くなりましたが、なんとかバランスがとれた感じです。

そういえば、よく作家を「夏休みの宿題」が永遠に続く学生とか、永遠に続く浪人生活、みたいな表現をしますが(するのか?)、最近気づいたことは、学校の勉強は、わからない場合「答え」が用意されているが、作家の場合は答えがあるかどうかさえもわからないことを考えている、という点が違っていて、だから胃が痛くなるんだな……と気づきました。実際、答えがなくてあきらめたケースは数えきれないくらいあります。たとえるなら、小さな子どもになぞなぞを出題されて、答えがわからなくて悩んでいると、そのなぞなぞを出した子供がいつの間にか目の前からいなくなっている、みたいな感じです(どう考えてもたとえが悪い)。

……気を取り直して、気分転換に撮影してきた紅葉でもごらんくださいませ。


375.jpg

376.jpg

377.jpg





【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

123
Profile

周防ツカサ

Author:周防ツカサ
作家「周防ツカサ」の個人的なブログです。
電撃文庫より定期的に本を出版しています。
過去の作品一覧
「完璧なレベル99など存在しない」「レトロゲームマスター渋沢」「ギャルゲーマスター椎名」「らでぃかる☆ぷりんせす」「BITTER×SWEET BLOOD」「ラキア」「ユメ視る猫とカノジョの行方」「インサイド・ワールド」

Twitter
Category
Literary Work
Recent Entry
Archive
Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。